So-net無料ブログ作成
検索選択

無条件フォロー返しは危険! うっかりクリックで詐欺やウイルス(産経新聞)

 最大140字の“つぶやき”を投稿して手軽に交流するミニブログ「ツイッター」が大人気だ。

 投稿を読みたい著名人や友人を検索して「フォロー」すると、フォローされた人たちと自分の投稿が時系列で、「タイムライン(TL)」という画面に表示され、そこで各投稿への返事や感想など、多彩なやり取りが交わされる。逆に自分がフォローされた場合は、フォロワー(フォローした人)のTLに自分の投稿が表示される。

 フォローされた場合、まるでお礼代わりに無条件でフォローを返す人が案外多い。実は、これはとても危険だ。他人を危険なサイトに誘導しようとするネット上の悪人たちは、ツイッター利用者を無差別大量フォローし、フォロー返しを待っている。そして、折を見て危険なサイトへのリンクを含む投稿をフォロワーのTLに表示させる。うっかりクリックすると、その先には詐欺やウイルスが…。

 これでは自ら危険を呼び込むようなもの。フォロー返しは当然のマナーなどと考えず、相手の過去の発言をよく読んだり、発言数に比べフォロー数が不自然に多くないか確認するなど、くれぐれも慎重に行おう。(伊藤壽一郎)

【関連記事】
「50ドル分のiTunesギフト券」、実態はマルウェア
投稿URLの安全性をチェックするTwitter BOT 短縮URLにも対応
5500人以上が感染した「Kenzero」、振り込め詐欺の40倍の成功率
スパムメール、危険を認識するも…ついついクリックのナゼ
Facebookでユーザーをだます数々の手口、セキュリティ企業が警告

高齢者住宅業界のレベルアップ目指す―経営者協議会が発足(医療介護CBニュース)
キトラ壁画の保存管理場所決まる(産経新聞)
天皇陛下が田植え(時事通信)
口蹄疫 足りない埋却地、学校敷地を検討(産経新聞)
山田宏日本創新党党首が参院選出馬へ(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。